flash

葬儀のご質問・流れ

葬儀の流れ

葬儀の三大不安要素の一つとも言われる、『葬儀の流れ』になります。
ここでは一般的な仏式の葬儀の流れとともに、ご遺族のやるべきことを時系列で順にご紹介していますので参考にして頂ければと思います。

事前相談

サシキン葬祭では、知識や経験が豊富な社員がお問い合わせ頂いたお客様にご葬儀について、どんなご不明点もしっかりとお応えさせて頂きます。
ご葬儀の準備・費用・式内容までお客様がご納得して頂けるまで、お応えしますので、どうぞ気軽にご相談下さい
お客様のご希望の場所やお近い葬式会場(多治見市内)でご希望の日時に合わせてご対応させて頂きます。

photo

亡くなる直前から~
危篤

photo

危篤の連絡を受け、病院へ駆けつける時に、会わせたい友人や家族に連絡します。
また病院等で支払いが直ぐに必要になりそうな入院費などは手元に現金を準備しておきます。

ご臨終

photo

医師が患者様の死亡を確認した後に、親族にご逝去の連絡をします。
葬儀社を決めている家族は、ご遺体の搬送を葬儀社に依頼します。
また、葬儀社が決まってない場合は、葬儀社が決まり次第ご遺体の搬送をします。 

エンゼルケア

photo

ご遺体の顔や体を整える為に、メイクをしたり、手術などの傷口や闘病の跡を綺麗にします。
また、体をタオルなどで清拭を行い綺麗な状態にします。

ご搬送

photo

患者様が病院で死亡した場合、ご遺体を病院から安置所へご搬送をします。
葬儀社が自宅や専用の安置所へのご搬送を行います。

遺体安置

photo

専用安置所やご自宅にご遺体を安置します。

お通夜・ご葬儀までの流れ
葬儀社・家族内で打ち合わせ

photo

まず家族内で葬式の喪主を決めます。
エンディングノートなどがある時は、生前の故人様の希望も確認をする必要があります。
葬儀社と葬式の内容(規模や形式など)を具体的に決める打ち合わせをしていきます。
葬式費用の見積書を受け取る時は、何が含まれているかの確認が必要です。

訃報通知

photo

親族や会社関係者や友人に訃報の通知、葬式の日程、会場の場所を伝えます。
訃報通知は、葬儀社が訃報通知をご用意しています。

納棺

photo

故人様を棺に納めます。
生前と同じ格好でのお別れを希望する遺族は湯灌の依頼が必要です。

通夜

photo

通夜式は自宅や斎場などで行います。
葬儀社が通夜式の段取りの準備をし、進行します。

葬儀・告別式 お別れの儀

photo

故人様と遺族や会社関係者や友人と過ごす大切な最期の時間です。

出棺

photo

『お別れの儀』が終了後、斎場もしくは自宅から出棺し、お柩を霊柩車に乗せて火葬場へご搬送します。

葬儀後
火葬・収骨

photo

遺族や参列者は控室で火葬が終わるまで待ちます。
待ち時間に、故人様を偲び、『精進落とし(告別式料理)』を囲むこともあります。
火葬後は火葬場に、遺族や参列者が集まり、焼骨を骨壺に納めます。

後飾り

photo

骨壷を自宅に持ち帰り、後飾り壇を設置します。
仏具や骨壷や白木位牌などを四十九日の納骨を迎えるまで設置します。

納骨・四十九日

photo

墓地や納骨堂に遺骨を納めます。

ページTOPへ戻る △

家族葬に関する質問
家族葬のお葬式の流れはどうなりますか?

家族葬は、近親者だけで行うお葬式で一般会葬者は呼びません。
お供え物をを飾ったり、親族に料理を御馳走したり、和尚様を読んでお経を唱えてもらったり、親族に料理を御馳走したりと一般のお葬式と同じです。
ただここ最近は、自由な形でお葬式をし近親者だけのため体裁を考えない方が増えてきています。献花をしたり、故人の遺志にそって無宗教でお葬式をしたりと会葬者に気を遣うことなく行うことが可能です。

家族葬でも祭壇は物寂しくしたくないのですが何かアドバイスありますか?

家族葬は門前などの屋外には飾り付けは全くしませんが、屋内の飾りはどのようにしても大丈夫です。
また当社でお任せして頂ければ祭壇の生け花を増やしたりできるプランもございますので一度ご相談頂ければと思います。

霊柩車は地味な物を使いたいのですが何かよい方法はありますか。

良く使われる金色塗りの宮型霊柩車以外にも、リムジンタイプや普通のワゴン車タイプのもありますのでお好みでお選び下さい

葬儀の連絡をしなかったご友人や会社関係者にはどのように通達したらよいですか。

葬儀が終わった後、関係者に死亡の案内をします。
手紙やはがきを送ります。内容は近親者のみで葬儀を執り行った旨の内容や生前のお礼などを記載していれば大丈夫です。
当社では例文などもご用意させていただいております。

寺院に関する質問
お葬式はご寺院を呼ばずにできますか。

ご遺族様のご要望に応じてご寺院無しでお葬式をする方法などはご提案をさせていただきます。

昔からお付合いのあるご寺院に依頼することは可能ですか。

ご遺族様のご要望に応じてご案内をさせていただきます。

葬儀に関する質問
遺影写真は生前から準備したほうが良いですか?

遺影写真はご葬儀の打ち合わせをする時に、直ぐに決めなければいけません。
なぜなら祭壇を設営する際に必要だからです。
表情の良い写真がなかったり、あるけどどこにしまったか忘れたなどと言うことはよくあります。
故人らしさの分かる写真であれば大丈夫です。
例えば、ペットと遊んでいる写真やお孫さんに笑いながら話かけている写真などでも構いません。
真面目な表情の写真でなくても大丈夫です。
数年に一度遺影撮影の為に、写真屋さんで撮られる方もいますが、それだけのために写真撮影をしなくても、家族写真を撮られるのも良いと思います。
また、貴重な撮った写真ですので、管理もお忘れずにしていきましょう。

四十九日はいつからですか?

四十九日はお亡くなりになった日を含め49日後になります。
例えば、お亡くなりになった曜日が月曜日だとすると、49日は6週間後の日曜日と なります。
地域やお寺院様によっては35日で忌明けを行うところもありますので、詳細は一度お寺院様にお尋ねください。
また、法要を行う際、日にちを遅らせる事は良くはないと言われます。
親族の皆様が集まりやすいように、日にちを繰上げて週末に行う方が増えてきています。そのため、ご寺院様の予定が週末に集中しやすいので、日程はお早目にお決めになった方がよろしいかと思います。

香典辞退と言われましたがどうすればいいですか?

生前で昔から大変お世話になった方がお亡くなりになり、お悔やみの気持ちで、お香典 をお供えしたいけど辞退されました。
しかし、これもご遺族の方々に、負担をかけたくないという気持ちなのかもしれません。 無理にお渡しするのは良くないので、ご辞退された方がいいと思います。

ご葬儀が終わってからもサシキン葬祭では、お客様アフターサービスを全面的にご協力をさせて頂きます。

マナーについて

photo

弔電・供花・受付時にお手伝をして頂いた方へのにお礼や忌引き休暇をした会社に対してご報告や近所の方へのご挨拶の仕方などになります。

亡くなられた方の手続きについて

photo

・公共料金契約者や世帯主の名義変更
・死亡後の手続き 葬祭費(埋葬料)の受給
・保険金や遺族年金の受給
・介護保険証や健康保険証の返上

供養について

photo

手元供養、散骨、納骨堂が適している方もいます。
また、仏具・仏壇・墓地は、菩提寺や宗教の有無、血縁関係によっても変わってきます。

法要について

photo

一回忌・三回忌・四十九日法要など、故人様を偲び、旅立たれた先で安らかにお過ごして頂くために行います。

香典返しについて

photo

専門業者、お客様のニーズに合わせて、返礼品サービスのご準備をしております。

相続や保険の見直しについて

photo

不動産・株券・預貯金・車などは、お亡くなりなった後に名義変更や整理をしなくてはなりません。

ご遺品の整理・仕分け・処分について

photo

・故人様が使っていたお部屋の清掃します。
・形見分けの品の配送します。
・故人様の大切なお品を供養致します。
・リサイクル品の引取りします。

有限会社サシキン葬祭へのお問い合わせはこちらから

0120-34-0683

ページTOPへ戻る △

よくある質問・葬儀の流れ
共済会募集

無料

共済会員募集≫

お問い合わせ

24時間365日対応。
ご相談はお気軽に。

0120-34-0683

Copyright (C) 2019 有限会社サシキン葬祭. All Rights Reserved.